トップ «前の日記(2022-01-10) 最新 次の日記(2022-02-12)» 編集

PCサポーター坂上の「ぼやっっっ記~」2

2019|09|12|
2020|02|03|04|05|06|
2021|04|07|08|09|11|12|
2022|01|02|11|
2023|01|

2022-01-30 CSVファイルとExcel

_ ・CSVファイルとは

CSVとは「Comma Separated Value」(カンマで区切られた値)の略で拡張子は「.CSV」となります。

テキストファイルの一種で、Excelで開くとExcelファイルのような形で開かれます。

メモ帳等のテキストエディターで開くと、カンマで区切られたデータを見ることができます。

CSVは軽量であり、また互換性が高いので、データベースソフトとのやり取りに良く使われます。

他にも、「タブ区切り」「固定長」などのテキストファイルもありますが、CSVが一般的でしょう。

_ ・頭の「0」が消える

そのCSVファイルの既知の問題として、『Excelで開いた場合、数字の頭の「0」が消える』というのがあります。

例えば、電話番号をハイフンなしで入力したCSVファイルをExcelで開くと、市外局番の頭の「0」が消えてしまいます。

Excelは「数字」と認識できるものは「数字」に置き換えてしまいます。それで頭の「0」は不要とみなし表示させません。

ただ、開いただけで保存をしなければ頭の「0」は実際には消えません。

何処かを編集し保存した場合にのみ消えてしまいます。

_ ・メモ帳で開けば消えない

Excelで開いて編集するから消えるのであって、メモ帳等のテキストエディターで開けば編集しても消えません。

ただ編集箇所が多い場合、恐ろしく効率の悪いことになります。

_ ・Excelで開くのは難しい

CSVをダブルクリックせず、Excelのウィザードで開けば、頭の「0」は消えません(文字列と指定すれば)。

やり方は、Excelを開き

データタブ→外部データの取り込み→テキストファイル

をクリックすれば、ウィザードが始まります。

_ ・ネットショップ

ネットショップのデータは殆どがCSVの様です(全ては知りませんが)。

データを一旦ダウンロードし、加工してまたアップロード、という作業が頻繁に行われます。一々ウィザードを起動していたのでは仕事になりません。「何か良い方法はありませんか?」と、相談されたことがあります。

_ ・ソフトで開く

「Cassava Editor」と言うソフトで開くと、頭の「0」も消えずに開けます。

編集するデータが多い時は、これが一番現実的な方法と思われます。

データの編集程度で使うのであれば、感覚的に使えると思います。


トップ «前の日記(2022-01-10) 最新 次の日記(2022-02-12)» 編集

PCサポーター坂上の「日記」?です。